2009年06月26日

さまざまな海外スポーツ留学

最近の留学生は、英語や他の言語の習得だけでなく特技や趣味など何か他にも目的を持って海外へ留学したいという方が増えております。
その中でも「語学研修+スポーツ留学」を希望される方が多いですね。
ラクロスのトップリーグで経験値をアップ!
サッカー留学(イングランド・オーストラリア)
ラクロス留学(オーストラリア)
ラグビー留学(ニュージーランド・オーストラリア)
テニス留学(オーストラリア)
ゴルフ留学(ニュージーランド・オーストラリア)
クリケット留学(オーストラリア)
ブラジリアン柔術留学(オーストラリア)
ダンス留学(アメリカ・オーストラリア)
ビーチバレーボール留学(オーストラリア)
ソフトボール留学(オーストラリア)
オージールールズ留学(オーストラリア)
レベルアップをめざす海外留学からただ単に海外の方と好きなスポーツを一緒に楽しみたいという趣味レベルまで趣旨はさまざまだと思います。
当社では、その留学生に合うスポーツ留学プログラムの内容を提案させていただき、有意義な海外生活を送っていただけるようご協力させていただきます。
海外では、各スポーツに「オンシーズン」の期間が決まっております。時期によっては、そのスポーツが現地で行われていない時がございます。「オンシーズン」の確認を直ぐにでもしてください。
詳しい内容は、当社までお問い合わせ下さい。
お問合せはこちらをクリック!

英国・米国・カナダ・豪州・NZの留学なら「もっと留学ネットワーク」





posted by 日本 at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラム

2009年06月18日

小学生・中学生・高校生対象の夏休み短期海外留学

中学生又は高校生からカナダ、オーストラリア、ニュージーランドなど海外の学校へ正規留学を考えている方も多いかと思います。
でも、憧れやキャリアアップが目的とはいえ、自分が海外生活や異国の文化に馴染むかどうか分からないまま、いきなり長期の正規留学を決定するのは、ちょっと心配で勇気がいりますよね。
そんな方には、短期間のジュニア対象留学プログラムをお勧めいたします。
Activity.JPG
従来のジュニア対象の留学ですと日本の旅行会社が企画する「海外サマースクール」などのプログラムに参加される方がほとんどでした。ですが、このプログラムだと参加者は、すべて日本人の子供たち。添乗員も日本人。ちょっと目的・趣旨と違うかも。。
なら、各国にある語学学校のジュニア対象のクラスに入り、しっかり英語を学ぼうと。たいへん良いプログラムですよね。自分が海外生活に合うかどうか知るのにもたいへん良いプログラムだと思います。
でも、学校に通うわけではないので現地の学校の様子がわかりません。
そんな方には、2週間から4週間までという短期間だけ現地の中学校や高校に体験入学できるプログラムがございます。
NZ.JPG
これなら英語の勉強も出来、その学校のクラスメイトとキャンパスライフも体験できます。
このプログラムには、参加可能な期間が設定されています。興味のある方は、急いで当社までお問い合わせ下さい。
ジュニア対象のプログラムには、9歳〜18歳までのお子様が参加できます。
お問合せはこちらをクリック!

英国・米国・カナダ・豪州・NZの留学なら「もっと留学ネットワーク」





posted by 日本 at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラム

2009年06月16日

本場インドへヨガ留学

先日、ヨガの学校視察のためにインドへ行ってきました。
私は、初めてのインド訪問だったのですが、インドの方はすごく控え目で親切な方ばかりでした。
たった7日間の滞在でしたが、すごくいい印象でした。
Classroom.JPG
本場とはいえ、訪れて初めて知ったのですが、そこらじゅうでヨガをする方をよく見かけ、当たり前なのですがヨガが浸透しているなと感心しました。
今回訪れたヨガ教室の先生(スワミ)と食事をしたり、街を案内してもらっている間、多くの人が彼に声をかけてき、手を合わせて拝むのです。私には、想像も付かないほど有名で偉い方のようでした。
失礼はなかったかな??ちょっと心配です。
CIMG3281.JPG
インドは、基本的に英語の通じる国です。
英語やヒンズー語を学びながら、ヨガを学ぶというプログラムが可能です。
「ヨガ」と言っても、たくさんのタイプがございます。詳しい内容が必要な方は、当社までお問合せ下さい。
ヨガ教室などを運営されている方は、インドよりマスターを呼び寄せ集中講座を開講することも可能です。遠慮なくご相談下さい。

お問合せはこちらをクリック!

英国・米国・カナダ・豪州・NZの留学なら「もっと留学ネットワーク」





posted by 日本 at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校